水草水槽立ち上げ1ヶ月経過

水草水槽立ち上げてから1ヶ月が経過した。

茶ゴケが酷かったので生物兵器を投入した。オトシンクルス3匹とミナミヌマエビ10匹。オトシンがものすごい勢いで茶ゴケを食べてくれて葉っぱに付いていたコケはほぼすべてなくなった!すごいよオトシン君!

2週間前に亜硝酸濃度がものすごいことになっていたのだが、もうほとんど検出されなくなったのでいよいよメインの生体であるカージナルテトラ10匹を入れた。ついでに、さらにもっふもふの水槽めざしリシアを流木を活着させることにする。

リシアを流木に縛り付ける

リシアラインでぐるぐる巻きにした。この時点ではまだ糸が目立っていたが成長して目立たなくなることを祈る。

立ち上げ1ヶ月経過の水槽

トリミングとレイアウト変更もついでに行った。ハイグロフィラポリスペルマはどの草よりもわっさわっさ伸びてくれるので外部フィルタのパイプが目立たないように右側に差し替えて立体感を出してみた。

前景のキューバはもう3分の1くらいになってしまった・・・。これはもう半分諦めモード。また経験を積んでから挑戦することにしよう。。

水草を入れてから2週間経過の様子

水草を植えてから2週間経過後の様子(090330)

有茎草が特によく伸びてきてごちゃごちゃになってきたのでレイアウト変更した。

流木を3つ入れていたのだが60cm水槽ではちょっと多すぎだったので1つに絞った。

茶ゴケが大量に・・・

茶ゴケが・・・目立ってきた。前景のキューバも半分ぐらい枯れてきたがランナーはあまり出ず・・・そろそろ生物兵器を投入せねば。・・・時すでに遅しかな・・・

水質測定

pH試薬と総硬度(GH)試薬

先週から、水質を調べ始めた。といっても今日も計って2回目だけど(^^;

とりあえず基本のpHと、硬度、亜硝酸濃度を測ってみた。

  • [先週] pH6.2 /GH 7dH / 亜硝酸 0.3mg以下
  • [今週] pH 6.0 / 亜硝酸危険値っぽい(3.3mg位)

という結果に。先週の亜硝酸のテストではちょっと黄色がでてるかな?って感じだったのに今週は真っ赤に!

亜硝酸に分解するバクテリアがどうも発生した模様。しばらくはちょくちょく水換えしながら下がるのを待ってみる。

この亜硝酸値が下がったらオトシンを2匹くらい入れてコケ対策をしてみよう。

水草を入れる part2 キューバパールグラスを前景に

初めての水草を入れて1週間が経った後の様子。

ハイグロフィラ・ポリスペルマ

一番変化があったハイグロフィラ・ポリスペルマを載せた。照明の方に向けて葉がかなり伸びてきた。上の葉の方は先っやや尖った形で赤みを帯びてきた。

ちょっと調べてみると、葉っぱの形は水中化のしるしのようで、赤みは光量が多い場合に出る現象で本来の色は黄緑になるらしい。

こいつを見れば光の調節ができそうかな。

先週、水草を初めて入れたばかりだが、はやる気持ちを抑えることもせず、、新たに水草を購入した。前景用のキューバパールグラスと細身の葉っぱのロタラ・ナンシアン。

キューバパールグラスとロタラ・ナンシアンを追加

今日は1日だけゲストを招いた(笑)

前景が敷き詰められれば相当綺麗になりそうだと期待は膨らむが、キューバパールグラスは育成がやや困難な部類に入るらしく、ネットで他の人の育成記を見ても枯らしてしまったり、殖えるところまではいかなかったりと先行き不安になるような記事がちらほらと。。

高光量、CO2添加、水温はやや高め(26,7度?)で弱酸性、硬度やや高め、床肥がポイントとアドバイスされているところが多かったので、とにかくこいつを中心に水質と肥料の調整をしていくつもり。

水質についてはCO2添加だけで弱酸性になっているかチェックしていく予定。堆肥についてはソイルにすでに含まれている情報と、初心者は良く分からないなら肥料は与えるなとのアドバイスを元に水草が調子悪くなるまで様子見ながら慎重に施すようにしていこうと思います。

水草を入れる

水草水槽の目的はわっさわさにすること。あえてコンセプトをつけるなら、「もののけの森」。。

流木にコケ(藻?)を生やして後景も緑だらけにしてみたい。

水草を入れる

で、近くのペットショップへ行きとにかく最初ということで安い水草をあまり考えずに買ってきて植えてみた。左から、

  • ハイグロフィラ・ポリスペルマ
  • アマゾンソード(手前)
  • 不明(奥)
  • ウィローモス(マット)
  • ハイグロフィラ・ポリスペルマ
  • カーミナン

だと思われる。・・・自分が調べた限りでは。

前景にはヘアーグラスとか敷き詰められそうなものを検討中。

しばらく置いてみてどうなるのか楽しみ。

水槽の機材を準備しました

エーハイムクラッシックフィルター2213

まずはフィルターの準備。水草をフッサフサにすることが目的なのでCO2を逃がしにく外部式で静かだと定評のあったエーハイムクラッシックフィルター2213をチョイス。

ろ材は何を入れていいのか良くわからないのでまずはセットで買えば無難だろうとろ材付のものを買った。8480円。

エーハイメックとサブストラッププロ。聞いても何がなんだかわからないがろ材を交換する必要が出るまでには追々調べるとして、まあとにかくマニュアルどおりに設置。特に悩むこともなく組み立てできた。

組み立て後の水槽

これが水を入れてフィルターとヒーターを動かした段階の水槽。流木の位置をどこにしようか思いつかない。。ここら辺からセンスなのだろう。水草を植えてから考えることにしよう。

水槽立ち上げ器材第一号!

水槽機材セット

水槽立ち上げ器具第一号が届いた。照明は明日届くとのこと。

ソイルは2kgしか手配していなく、60水槽だと6~8kgいるとわかって早速追加手配しておいた。今日はフィルターの組み立てと水槽の置き場所配置まで行って明日追加器材が届いたら水草を植える段階までいけるといいな。

水草水槽を立ち上げることにしました

ここ数年前から何か飼いたいという気持ちがあったのだがアパート暮らしでもありペットも飼いづらいので熱帯魚がいいなと思っていてついに水草をたくさん入れた水槽を立ち上げることを決意。

何も知らないところから試行錯誤でやっていくのでいろいろと失敗しそうだがとにかくやってみよう。

Free Blog Theme and Blog Templates